中途採用新人研修

中途採用された食品メーカー事務の新人研修の話です。全国に支店があり、その支店ごとに事務処理レベルによって中途採用者の事務能力に差が出てしまっていたので、中途採用者でも事務処理の平均基準値を超えるように初の試みとして行われたのが、中途採用新人研修でした。二年以内に中途採用された全国の事務員を本社に集め、三日間の研修が実施されました。

 

内容は各支店で日々処理している業務の根底「なぜその処理が必要なのか」という掘り下げたより理解が深まるものから、持っているISO規格の改正内容の説明や日々の処理で支店事務員が間違えやすい処理問題集や、弊社事務員に求める人間性、会長講演会など、とても勉強になるものばかりでした。基本となる軸が初めてできたと実感したとても良い研修でした。

 

ユニークな研修内容として、架空の社員情報が渡され、それをもとにA~Fに当てはまる社員はだれか導き出せというものがありました。読解力、情報整理力、グループワークなので発言力、チームワークなどあらゆる力が求められる研修でした。研修後には再び全国各地に戻った中途採用者たちでしたが、三日間の研修で仲良くなり、困ったことや問い合わせなど気軽にできる友達が全国にでき、とても有意義な研修でした。