徹底的な紙の再利用や節電に心がける。

私は地方のラジオ局に出入りをさせて頂いております。
ラジオ局という特性上、台本や原稿に資料、番組に届くFAX、メール等々、とにかく紙を印刷する機会がとても多く、消費量は半端ではありません。

 

そのISO14001の人材育成を目指す中で徹底されていたのが、紙の再利用です。
台本、原稿、資料等は問題がない限り、一度印刷したものは裏紙として利用し再印刷へ。
リスナーさんからのメール等も、両面で印刷したり、1通1通での印刷ではなく、まとめて印刷することで、少しでも紙の消費量の削減に力を入れておりました。

 

また、節電にも厳しくルールがあり、使わないスタジオの消灯や機材の電源管理はもちろん、夏の冷房、冬の暖房もスタジオ利用時以外はOFFにするというルールがあります。

 

スタジオは密閉された空間なので、熱がこもりやすく、夏場など自分が利用する前にしばらく間が空いていると、サウナ状態になっており冷房が効くまで汗だくになることもしばしばあります。

 

常日頃から、無駄を省き管理徹底するようにとよく言われています。