数年前からコツコツと電球のLED化をすすめています

何とか電気料金の節約をと考え、照明のLED化に数年前から取り組んでいます。職場はエネルギーマネジメントの人材育成に力を入れている地方の博物館なのですが、照明の数も一般の職場に比べ多くあります。それを一気にLED化できればいいのですが、何分毎年予算は決まっているので、とても一度にはできそうにありません。

 

加えて展示環境ごとに照明器具の形状が違っていることもあり、使用している電球も数種類あることからなかなか形状にあうLED電球が無かったりとスイスイとはLED化が進まない現状でもあります。しかし、かれこれ変え始めてから5年弱で変更できる箇所は変更し終わったので、電気料金的にも以前の7割程度という状況になっています。

 

あとは大型の水銀灯などが残っているのですが、こちらは電球を替えるだけではダメなようで、変更するためには工事が必要になることから今のところ見合わせている状況です。数年前に比べ、LED照明の種類もかなり増えましたし、それに伴って値段もかなり低価格のものも出てきているのでLED化しやすい状況にはなっていると思います。

 

なかなかすべてを変更というのは大変ですが少しずつでもやっていくと節約できるのではないでしょうか。