環境問題はルールを守らないところから生まれる

環境問題というのは、誰かがルールを守っていないからこそ起きてしまう問題となります。みんながルールを守っているところで環境が悪化していることはそこまでありませんが、誰かが違反しているところは、人が生活することも難しいような環境状態になり、環境が悪化するようになります。決められているルールを1人1人が守るようにして、今後の環境を改善する必要があります。

この環境問題というのは、世界規模で問題となっていることですが、実際にはそれぞれの地域の人が頑張ってやらないことには、改善することが難しくなってきます。とにかく決められているルールを守り、自分がそれに違反しないように気を付けておかないと、いつの間にか環境が悪化して、住むことが難しいこともあります。

その地域によって、定められているルールが異なっているので、それをすべて守ることが大事になります。そして、できる限りのことをしっかり行い、環境問題の改善を個人各々で考えらえる雰囲気作りもやらなければなりません。

PR|ISO審査員の研修費用は?|