クーラーはつけっぱなしの方が節電効果有り

会社で5月くらいになると冷房を使い始めるのですが、暑さが強くなっている季節になると、夜に冷房を消さないで退社しています。

 

何かの雑誌で情報を見つけたのですが、冷房は付けたり消したりするほうが電気を消費すること、そして一度消した後に気温が上がると、また冷房を使って冷やす際に電力を多く消費するということを知りました。

 

それ以来、翌日も仕事がある日は冷房を付けたままで帰宅しています。電気使用量の消費がどれだけ抑えられているかというと、そこまで劇的な変化はありません(本当に少しばかりの節約になっている程度だと思います)。

 

それでも、出社した際に事務所が快適な空間になっていることで、快適に仕事を行うことができています。きっとISO14001を取得しているような会社では無理なんでしょうね。

 

また、パソコンなどの電子機器は熱に弱いので、事務所内の温度が常に一定に保たれていることは各機器の負担も少ないと思います。

 

付けっぱなしにしていると逆にコストがかかると思いがちですが、意外と効果があります。