計画性がとても大切な環境問題対策

環境問題を考慮するとなると、計画性は極めて大切です。なぜならその計画がしっかりしているか否かにより、環境問題に対する影響が変わってくるからです。

例えばAという会社の場合は、コンサルティングを依頼してISO14001に取組むなどかなりしっかりと計画を組んだとします。5年後や10年後などの計画をしっかり組んでいて、あらゆる状況を想定しているとしましょう。それに対してBという会社の場合は、そこまできちんとは組まれていないとします。

このAとBを比べると、大抵はAの会社の方が環境に対する悪影響が少なめなのですね。きちんと計画が立てられた会社の場合は、やはり結果も良くなる傾向があるからです。逆に計画が不十分な会社の場合は、環境問題に対する悪影響が大きく、世間のひんしゅくを買ってしまう可能性もあるのです。ですので上記のBのような会社は計画をしっかり作ることが大切なのですね。

確かに環境問題の為に計画を作るのは、多少の手間を要するの事実です。しかし後々の事も考えれば、やはり5年先、10年先のスケジュールをしっかり作っておくべきでしょう。