企業における環境問題への取り組み

私の勤める企業は製造業ということもあって、環境問題については非常に積極的に取り組んできたのでないかと感じています。もちろん、環境ISOの取得にも全社で動きをかけて工場部門を筆頭に準備をしました。また、それにともなって、企業のCSR活動にも環境というキーワードが非常に大きくクローズアップされるようになりました。

工場における近隣の子供たちの社会科見学にうまく活用してもらう取り組みや地域ぐるみのクリーン活動などもその一環です。それとは別に企業市民活動としてさまざまな環境保全活動を本社から呼びかけてグローバルで展開することも当たり前になりました。

そして、現在に至り、こうした環境保全活動が世界的に当たり前品質として受け止められるようになった今、次にどういった方向を目指していくべきなのでしょうか。もちろん、やめるべきことではないことは誰しもがわかっています。

しかしながら、こうした活動はそもそも個人各々が追い求めるべきものであり、企業の姿勢として大きく訴求することもなんか違和感が少しあるので難しいところです。

PR|製造業のためのISO9001対応セミナー|